LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

マンゴープリン風ゼリー

2016.09.12

お悩み

関連キーワード

調理時間

-

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

人気デザートをお家で簡単に

中華やエスニックのデザートの中でも人気のマンゴープリンです。家庭でも簡単に作ってみたいと思い、冷凍や缶詰のマンゴーと牛乳を使ってマンゴープリン風のゼリーを作りました。なめらかな口当たりで美味しく出来上がりました。生クリームを使わないレシピは、余分な脂質・カロリーの摂取を控えられるので、女友達にも喜んでもらえます。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 95 kcal

たんぱく質 4.2 g

食塩相当量 0.1 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

マンゴー(冷凍、缶詰等) 100g
牛乳 1/2カップ(100ml)
粉ゼラチン 5g
ゼラチン用の水 大さじ2(30ml)
砂糖 大さじ1(9g)

作り方

  • 水に粉ゼラチンをふり入れてふやかす。
  • マンゴーをミキサーやブレンダー、裏ごし器などでなめらかにする。
  • 牛乳を鍋に入れて火にかけて温め、①と砂糖を加えて溶かし、火からおろして②を加えて混ぜる。
  • ③を器に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。あればトッピングにマンゴーをのせて完成。

管理栄養士からのコメント

食欲がないときにも食べやすいなめらかなゼリーのレシピです。果物を使っているので繊維質も摂れますが、ミキサーやブレンダー等でなめらかにするので、噛むのがつらい方にも食べやすい仕上がりです。牛乳にはビタミンB2が含まれています。ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康保持に関する栄養素で、口内炎の改善にも役立ちます。食感と栄養素の両方の面から、口内炎の悩みに対応してくれるレシピです。 また、食欲がなくてあまり食事が摂れないときなど、カロリーを多く摂りたい場合には、牛乳の何割かを生クリームに置き換えて作ってもよいでしょう。牛乳よりも脂質の多い生クリームは、よりコクのある味わいに仕上げてくれて、エネルギーを摂りたい場合にも役立ちます。過剰に使わなくてもいいものですが、上手く取り入れて、おいしく栄養を摂れるように工夫していけるといいですね。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;