LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

メッセージカマエイドに来てくださったみなさまへ

食事風景

その一口が、
明日へつながる

突然の告知。
わたしでもない、家族でもない、
誰かがなる病気だと思っていた、がん。

体調の変化、治療、先の見えない不安感で立ち止まりそうになる。
そんなとき、毎日の「食」を通じて、寄り添うサービスでありたい。
食事から生まれる喜びや希望を、たくさんの方と共有したい。

それがカマエイドの願いです。

食事風景

わたしの姉もがんでした。

告知を受けたのは、姉が37歳のとき。
同時にわたしはがん患者の家族という立場になりました。

姉の力になりたい、家族の力になりたい。
無力感をぬぐい、わたしにできることを探し続け、
辿り着いた答えは「毎日の食事」でした。

一口からうまれる喜びや希望が、みんなの明日につながっていく。
その一口に寄り添い、支えたい。

カマエイドは、そんな「食事を支えたい」という想いを
ひとつのかたちにしたもの
です。

食が進まない、食べられない、
美味しく感じない。

食事風景

がん患者さんの多くが抱える「食」の悩み。
治療の副作用で、食欲が出ない、口内炎が痛い、味覚に違和感がある、治療にむけて体力をつけたいなど、解決したいお悩みはさまざまでしょう。

カマエイドでは、食材の選定、味付け、調理方法、食べるとき工夫など、がん患者さんのお悩みに合わせた「食」のポイントを具体的にご提案。ご家族と一緒に食事を楽しめる工夫が、ここにあります。

医療と「食」のプロが考える
お悩みひとつひとつに
寄り添うレシピ

食事風景

今日の一口を、大切にしたい

がん患者さんの「食」と本気で向き合う。
管理栄養士、医療関係者が、さまざまな現場での経験を生かし、
工夫を凝らしたレシピは、1,500本以上。

料理
食事風景

がん患者さんより

「パスタが食べられた。とても美味しい。嬉しい。
今度はレストランにも行ってみようかな。」

食事風景

がん患者さんのご家族より

「食が進まなかった母が、今日の料理はいつもより食べてくれた。」

「いつも白粥ばかりで飽きている様子だったけれど、今日のお粥レシピは気に入ってもらえたかもしれない。」

その一口は、笑顔になり、希望になり、一歩になる。

カマエイドは、「食」を通じて、がん患者さん、ご家族の暮らしをサポートします。

門間 寛修

創業者プロフィールFounder’s Profile

プロフィール写真:門間 寛修
  • カマエイド運営者
  • 株式会社ひびたす代表

門間 寛修かどま ひろみち

インターネット広告運用等のWebコンサルティング会社にて、様々なクライアントのマーケティング活動を支援。その後、実姉のがん闘病生活をきっかけに、「kama+aid(カマエイド)」の運営を開始。前職で培ったインターネットやWebサービスに関する経験も活かし、「第二の患者」である患者家族として感じた課題の解決を目指す。

カマエイドについて

がんと食生活

がんと食生活

患者さんの治療経過に寄り添い、食事にまつわる物語から『笑顔』にできるメニューを作りました。

食事の工夫

食事の工夫

「3つの影響」を知ることで悩み解消へ。がん専門管理栄養士と考える「食事の工夫」を紹介します。

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン