がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピスノーボール

管理栄養士監修レシピ掲載

スノーボール

0

STORY

デイケアのレクリエーションで作ったクッキーです。普通のクッキーよりもほろほろとした食感のスノーボールは、噛むのが辛い方でも食べやすいクッキーです。また、バターの風味がよく、苦味を感じやすい方にも食べやすい味です。保存もきくので、食べられそうなときの捕食としてもおすすめです。

材料(2人分)

  • 【約20個】
  • 有塩バター75g
  • 砂糖30g
  • ひとつまみ
  • 薄力粉150g
  • 粉砂糖適量

作り方

  1. オーブンは160℃に余熱しておく。小麦粉はふるいで振るっておく。
  2. ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜ、砂糖と塩を加えさらに混ぜる。
  3. ①でふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまでゴムベラで混ぜる。
  4. 天板にクッキングシートを敷き、生地を直径2cmくらいに丸め、間隔をあけて並べる。
  5. 160℃のオーブンで20分焼き、焼きあがったら粗熱をとる。
  6. ポリ袋に粉砂糖とクッキーを入れ、粉砂糖をまんべんなくまぶす。

管理栄養士からのコメント

塩味で苦味を感じる場合は無塩バターを使用し、塩は抜いてお作りください。バターはマーガリンでも代用できます。生地がゆるく、べたついてしまう場合は、冷凍庫で数時間おいてから形を作るとべたつきにくくなります。焼き上げると生地が少し膨らむので、焼く際は生地と生地の間は少し空けて並べてください。焼き上がってすぐは柔らかく、触ると形が崩れてしまいますが、冷めると固まりほろほろの食感になります。
※上記の栄養価はスノーボール3個分の値です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.