がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピとろみ酒

管理栄養士監修レシピ掲載

とろみ酒

STORY

とろみ調整食品は、ビールや炭酸飲料にもとろみがつけられます。お酒が飲みたいけれど飲もうとするとむせてしまう・・行楽やたまには1杯飲みたいときにお酒を楽しめるようにと考案しました。

このレシピに使用している商品の詳細はこちら

材料(2人分)

  • ビール160ml
  • ビール(泡用)40ml
  • ネオハイトロミールⅢ1.6g
  • ネオハイトロミールⅢ(泡用)0.4g

作り方

  1. ビール160mlを火にかけて炭酸をとばす。
  2. 火を止めネオハイトロミールⅢ(とろみ調整食品)を入れ、20~30秒かき混ぜる。
  3. ②でとろみをつけたビールを器に入れて、冷蔵庫で冷やす。
  4. ビール(泡用)40mlにネオハイトロミールⅢ(泡用)を入れ、泡だて器で混ぜる。(泡立って、器からこぼれる恐れがあるので、ボウルなど大きめの容器をお使いください。)
  5. ④を②の上に乗せたら完成。

管理栄養士からのコメント

ビール以外のアルコール飲料にもとろみをつけることができます。ワインや日本酒はアルコールが強いので、水やぶどうジュース、りんごジュースで割ってお作りください。※その際、2度撹拌(1度とろみ調整食品を混ぜたあと、10分後にもう1度かき混ぜる)をすると、とろみがつきやすくなります。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.