がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ豆腐バナナのホットケーキ~りんごジャムのせ~

管理栄養士監修レシピ掲載

豆腐バナナのホットケーキ~りんごジャムのせ~

1

栄養バランス

エネルギー746kcalたんぱく質15g
食塩相当量1.2g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

りんご・バナナは水溶性の食物繊維ペクチンを豊富に含むため、腸内環境を整えるのに役立ってくれます。はちみつは消化吸収が良く、体に浸透しやすいです。豆腐も下痢の時の蛋白源としてオススメです。下痢の悩みにオススメな食材を活用し、炭水化物も蛋白源も一度に摂れるように考えたメニューです。

材料(2人分)

  • ~豆腐バナナホットケーキ~
  • ホットケーキミックス200g
  • バナナ150g (1本程度)
  • 豆腐(絹)80g (1/5g丁)
  • 豆乳100cc
  • 1個
  • はちみつ大さじ1
  • ~りんごジャム~
  • りんご320g (1個程度)
  • 砂糖大さじ3
  • はちみつ大さじ2

作り方

  1. 豆腐はキッチンペーパーで包み、ザルに乗せて30分置いておき、水気を切ります。
  2. ボウルにバナナと水切りした豆腐を入れてフォーク等で細かく潰します。
  3. バナナと豆腐を潰したら、卵・豆乳を入れて泡だて器で混ぜます。
  4. ③の全体が混ざったらホットケーキミックスとはちみつ(大さじ1)を入れます。
  5. 少なめの油(分量外)で、④を焼きます。(テフロン加工されたフライパンでは、油を使用せず調理できます。)
  6. りんごは皮をむき半分は小さ目のコロコロ程度に切り、残りの半分はすりおろします。
  7. コロコロのりんごを耐熱皿に入れ、上から砂糖とはちみつ(大さじ2)を混ぜ合わせます。
  8. ⑦にラップをして、500Wのレンジで5分加熱します。
  9. ⑧にすりおろした残りのりんごを加え、さらに2分レンジで加熱します。
  10. ⑤に⑨をかけて完成です。

管理栄養士からのコメント

豆腐はなめらかさを出したいので、絹ごし豆腐を使いましょう。いつものホットケーキよりモチモチした食感で楽しめます。油は消化にあまり良くないので、できれば油をひかずに済むテフロン加工のフライパンで焼いてください。ホットプレートで一気に焼いても良いと思います。焼く時は必ず蓋をして、押さえつけず、ふんわりと膨らむようにしてください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© hibitasu All Rights Reserved.