がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ巣ごもり温玉スープ

管理栄養士監修レシピ掲載

巣ごもり温玉スープ

0

STORY

高齢者施設で人気の朝食メニューです。消化がよく体が温まるスープなので、食欲が出ないときや胃腸の調子が悪いときにもおすすめです。
野菜を薄い千切りにして柔らかくなるまでしっかりと煮込み、トロトロの温玉と一緒に食べるので、繊維質の野菜が食べにくい方や野菜嫌いな方でも、このスープなら食べられると好評です。

材料(2人分)

  • 温泉卵2個
  • キャベツ100g
  • 玉ねぎ50g
  • 人参30g
  • 300ml
  • コンソメ5g
  • 塩コショウ少々
  • ~水溶き片栗粉~
  • 片栗粉大さじ1
  • 大さじ1

作り方

  1. キャベツ・玉ねぎ・人参はスライサーで繊維に垂直に千切りにする。
  2. 鍋に水とコンソメ、①を加えて煮る。
  3. ②が沸騰したら弱火で20分煮込む。
  4. 野菜が舌でつぶせる位の柔らかさになったら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
  5. 塩コショウで味をととのえる。
  6. 皿に盛り付けて、真ん中に温泉卵を割り入れる。

管理栄養士からのコメント

野菜のビタミン・ミネラル、卵のタンパク質がバランスよくとれる一品です。野菜は線維に垂直に薄く細く切って加熱することで、柔らかく食べやすくなります。より薄く均一な千切りにするためにはスライサーを使用することをオススメします。
スープは冷凍保存できるので、たくさん作って作り置きしておくと便利です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.