サービス終了に関するお知らせ

詳しくはこちら

炒り豆腐

2017.12.22

お悩み

関連キーワード

調理時間

-

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

おなかにやさしいやわらかレシピ

高齢者施設や病院で、副菜の1品として提供していた炒り豆腐。食感は、高齢者だけでなく、離乳食でも取り入れる事ができるくらいのやわらかさです。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 187 kcal

たんぱく質 9 g

食塩相当量 1.6 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

木綿豆腐 150g
1個
人参 40g
20g
だし汁 50cc
砂糖 大さじ1/2
醤油 小さじ2
小さじ2
みりん 小さじ2
食塩 少々(1g)
ごま油 大さじ1/2

作り方

  • 豆腐は水切りしておく。人参は千切りにし、葱は小口切りにする。
  • 調味料(砂糖・醤油・酒・みりん・食塩)は合わせておく。
  • フライパンにごま油を敷き、人参を炒める。
  • 人参がやわらかくなってきたら豆腐を加え、つぶしながら炒める。
  • ④へだし汁と②を加え、汁気をとばす。
  • 煮汁が少なくなってきたところで溶き卵を加え混ぜる。
  • 卵に火が通ってきたら、葱を混ぜ合わせて完成。

管理栄養士からのコメント

調味料を除けば、離乳食(中期以降)にも対応できます。人参や葱以外にも椎茸やいんげん・ごぼう・ひじき・鶏肉などお好みのものを加えても良いです。ただし下痢のときは、食物繊維が多い根菜類やきのこ類、脂身の多い肉などは胃腸に負担がかかりやすいので、なるべく避けるようにしましょう。豆腐は良質なたんぱく質が豊富で消化吸収に良いので、下痢のときにもオススメの食材です。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;