がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピお粥親子あんかけ丼

管理栄養士監修レシピ掲載

お粥親子あんかけ丼

STORY

電子レンジを使い、ご飯から簡単にお粥を作ることができます。患者さんを支えるご家族分のご飯と炊き分けることなく用意できるので大変便利です。当院で“食欲低下時の栄養アップの工夫”をテーマに開催した料理教室で紹介したレシピです。料理教室に参加された方からは、「お粥がレンジでできることにびっくり!」「簡単なレシピなので自分で作れる!」との感想をもらいました。

材料(2人分)

  • 【粥】
  • ご飯130g
  • 150cc
  • 【あんかけ】
  • 干しシイタケ3g
  • チキンフレーク缶40g
  • めんつゆ(3倍)20cc
  • シイタケの戻し汁100cc
  • 片栗粉4g
  • 水溶き片栗粉用の水10cc
  • 25g
  • 青味(三つ葉など)適宜

作り方

  1. 干しシイタケをコップ2/3杯程度の水で戻し、薄切りにする。 (戻し汁は煮汁に使用するので取っておく)
  2. 耐熱ボールにご飯と水を入れ、電子レンジ(500w)で8~10分 加熱し、お粥を作る。
  3. 鍋にシイタケの戻し汁、めんつゆ、シイタケ、チキンフレーク を入れ火にかける。
  4. ③が沸いてきたら水溶き片栗粉でとろみをつける。
  5. ④に溶き卵を流し入れる。(混ぜすぎない)
  6. 器にお粥を盛り、その上に⑤の親子あんかけをかけ、好みで 青味をのせてできあがり。

管理栄養士からのコメント

お粥は消化が良く体調がすぐれない時の味方です。味が単調なので味付けしてみると、食べやすくなります。親子あんをかけ、1品で栄養アップ。術後の場合はしいたけを細かくカットし食べやすく。冷ましてから食べると、口腔内の炎症への刺激が抑えられます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.