がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ巨峰飴

管理栄養士監修レシピ掲載

巨峰飴

調理時間 : 10分

エネルギー 221kcal/たんぱく質 0.2g/食塩相当量 0.0g

STORY

夏祭り等の屋台でよく見かけるリンゴ飴が好きな子供に食べやすい大きさの巨峰で作ってみようと考えたレシピです。リンゴより柔らかく食べやすいので、施設でもおやつとして出したところ好評でした。

材料(2人分)

  • 巨峰(種なし)90g(6個)
  • グラニュー糖100g
  • 20cc

作り方

  1. 巨峰に長めの爪楊枝等を刺す。
  2. 鍋にグラニュー糖と水を入れて火にかける。
  3. 混ぜずにグラニュー糖が溶けてプツプツして1分経過したら火を止める(混ぜない)。
  4. 爪楊枝を刺した巨峰を③に付けて、全体に絡めるように付ける。
  5. ラップやクッキングペーパーに置いて固まるまでしばらく放置する。

管理栄養士からのコメント

カリカリの食感から巨峰のジューシーな果汁が出てくる、食感も楽しめる飴です。飴にすると皮ごと食べられるので、ポリフェノールをたくさん摂る事ができます。巨峰にはポリフェノールの中でも抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれています。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.