がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ豆腐の薬味丼

管理栄養士監修レシピ掲載

豆腐の薬味丼

0

栄養バランス

エネルギー387kcalたんぱく質13.6g
食塩相当量1.3g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

温かいご飯に冷たい豆腐をのせた、さっぱりとした豆腐丼です。火を使わず調理でき、一品で炭水化物、たんぱく質、脂質がとれるので暑い日の朝食におすすめです。

材料(2人分)

  • ご飯茶碗2杯(300g)
  • 絹豆腐1丁(300g)
  • しそ2枚
  • みょうが1個
  • しょうが(すりおろし)小さじ1
  • しょうゆ大さじ1
  • ごま油小さじ2
  • 白いりごま適量

作り方

  1. しそとみょうがは千切りにする。
  2. おろししょうがとしょうゆ、ごま油を混ぜ合わせる。
  3. 茶碗に温かいご飯を盛り、絹豆腐をスプーンでくずしながらのせる。
  4. ①をのせ、②をかける。白いりごまをふり完成。

管理栄養士からのコメント

しょうゆの代わりにめんつゆやポン酢でもおいしく召し上がれます。噛むことや飲み込むことがつらい方は、ご飯を軟飯やお粥にし、薬味をみじん切りにすることで、より食べやすくなるでしょう。また、ご飯のにおいが気になる方は、ご飯を冷やごはんに代えてみるのもおすすめです。豆腐は加熱調理が不要で食べやすく、たんぱく質もとることができるので常備しておくと便利です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.