がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ七夕コーヒーゼリー

管理栄養士監修レシピ掲載

七夕コーヒーゼリー

STORY

幅広い世代の方に好まれるコーヒーゼリーを七夕の時期にも楽しめるようアレンジしました。つるんとした食感なので、口内炎や喉や口腔内に痛みがある時にも食べやすい一品です。コーヒーゼリーだけ作って牛乳をかけたり、ホイップクリームをトッピングしてもおいしく召し上がれます。

材料(2人分)

  • 【牛乳寒天】
  • 牛乳80ml
  • 粉寒天1g
  • 50ml
  • 砂糖大さじ2(18g)
  • 【コーヒーゼリー】
  • インスタントコーヒー小さじ2
  • 粉寒天1g
  • 200ml
  • 砂糖大さじ2(18g)

作り方

  1. 【牛乳寒天】鍋に水、粉寒天を入れて混ぜ火にかける。沸騰してから2分ほど混ぜながら寒天を溶かす。
  2. 火を止め、砂糖を入れ溶かす。
  3. 常温に戻した牛乳を加え、よく混ぜる。常温に戻した牛乳を加え、よく混ぜる。
  4. 1cmほどの厚さになるよう容器に流し入れ、固まったら星型にくりぬく。
  5. 【コーヒーゼリー】鍋に水、粉寒天を入れて混ぜ火にかける。沸騰してから2分ほど混ぜながら寒天を溶かす。
  6. 火を止め、砂糖とインスタントコーヒーを入れ溶かす。
  7. 容器に流しいれ、固まったらフォークなどでくずす。
  8. ⑦をカップに入れ、④の牛乳寒天をトッピングする。

管理栄養士からのコメント

クラッシュしたコーヒーゼリーに星型にくりぬいた牛乳寒天を浮かべ、夜空の星をイメージしました。コーヒーゼリーや牛乳寒天は家庭でも手作りしやすいおやつですが、ひと工夫することで行事食としても楽しめます。寒天は火にかけて沸騰してから2分ほど沸騰させながら混ぜてください。室温で固まり溶けにくいので、暑い時期には扱いやすく短時間で仕上げることができます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.