がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピイカとダイコンの煮物

管理栄養士監修レシピ掲載

イカとダイコンの煮物

調理時間 : 30分

エネルギー 175kcal/たんぱく質 15.9g/食塩相当量 3.1g

STORY

吐き気がするようなときにもお召し上がりやすいよう、出汁が効いてあっさりした煮物を考案しました。お肉を入れてしまうと油っぽくなってしまいますが、イカはさっぱりとして食べやすくお肉に負けなないくらいタンパク質をたくさん摂ることができます。

材料(2人分)

  • イカ1ぱい
  • 大根1/4本
  • 絹さや3枚程度
  • だし汁300ml
  • 醤油大さじ2
  • 砂糖大さじ2
  • 大さじ3

作り方

  1. イカは胴と足がつながっている部分をはずし、内臓ごと足を引き抜く。胴は軟骨を取り除き、1.5cm幅の輪切りにする。足は内臓を切り落としてくちばしを取り除く。
  2. 大根は厚さ2cmに切って皮をむき、4等分のいちょう切りにする。
  3. 鍋にだし汁、醤油、砂糖、酒を入れ火にかける。沸騰したら大根を入れて蓋をし、10分ほど煮る。
  4. ③にイカを加えてさらに10分ほど煮る。
  5. 絹さやは筋を取り除き、ヘタを切り落とす。塩を少々加えた湯で1分ほど茹で、斜めに二等分する。
  6. 器に④のダイコンとイカを盛り、トッピングに絹さやを添える。

管理栄養士からのコメント

大根を先に調味液で煮込み、後からイカを加えて時間差で煮込みます。そうすることでダイコンにしっかり味が染み、さらにイカが縮むのを防ぐことが出来ます。イカはタンパク質の他、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなども豊富です。特に味覚の機能維持に関わる亜鉛も多く含まれているので、味を感じられにくい方にもおすすめの食材です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.