がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピきのこのイタリアンソテー

管理栄養士監修レシピ掲載

きのこのイタリアンソテー

調理時間 : 15分

エネルギー 37kcal/たんぱく質 2.4g/食塩相当量 0.4g

STORY

きのこのシンプルなソテーですが、オリーブオイルとパルメザンチーズ(粉チーズ)を組み合わせてイタリアを意識したものです。チーズの旨みが加わって、簡単・おいしい1品です。

材料(2人分)

  • お好みのきのこ合計150g
  • オリーブオイル小さじ1(4g)
  • 粉チーズ小さじ1(2g)
  • 少々(0.8g)
  • こしょう少々
  • パセリ少々(0.5g)

作り方

  1. きのこは石づきを切り落として食べやすい大きさに切る。(写真はエリンギ70g、まいたけ40g、しいたけ40g)
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、弱火で①のきのこを炒める。
  3. 7~8分じっくり炒めて、きのこがしんなりしたら塩、こしょうで味を調えて、お皿に盛り、粉チーズと刻んだパセリを散らす。

管理栄養士からのコメント

きのこは食物繊維を多く含む食品です。このレシピの分量で食物繊維が1人あたり2.8g摂れます。食物繊維は便のかさを増やしたり、腸内の善玉菌の割合を増やしたり、便秘の予防・解消に効果的です。また、チーズのように、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を摂ることも腸内の善玉菌の割合を増やす方法の一つなので、便秘の悩みがある方はこれらを意識して摂り入れていくとよいでしょう。また、適度な油は便を柔らかくして滑りをよくしてくれますが、このレシピで使っているオリーブオイルには腸を刺激して収縮(蠕動)運動を促す作用があると言われます。炒め物など、毎日の料理で取り入れてみてはいかがでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.