がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ水晶鶏の梅肉のせ

管理栄養士監修レシピ掲載

水晶鶏の梅肉のせ

調理時間 : 25分

エネルギー 208kcal/たんぱく質 33.1g/食塩相当量 2.8g

STORY

病院で提供しているメニューをアレンジしたものです。食欲があまり無いという患者さんでも梅の酸味が食欲を刺激し、あっさりとして食べやすいレシピです。加熱すると固くなってしまいがちの鶏むね肉ですが、片栗粉でコーティングされているため、水分や肉汁を逃がさず柔らかい仕上がりになります。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉260g
  • 一つまみ
  • 片栗粉大さじ2
  • 梅肉(チューブ)20g
  • 【付け合わせ】
  • トマト60g
  • ほうれん草100g

作り方

  1. 鶏むね肉は皮を取り一口大にそぎ切りにして、塩を揉み込み10分置く。トマトはくし切り、ほうれん草は茹でで3㎝に切る。
  2. ①の鶏むね肉に片栗粉をまんべんなくまぶす。
  3. 鍋に湯を沸かして②を茹で、水面に浮いてきたら氷水に取って冷やす。
  4. お皿にほうれん草、トマトと③の鶏ムネ肉を盛り、梅肉を乗せる。

管理栄養士からのコメント

手順②では、まんべんなく片栗粉をまぶすことで、肉汁を流さずうま味を閉じ込めることができます。手順③で茹でる際は片栗粉で肉同士がくっつきやすくいため、くっつかないようにゆっくりと混ぜて下さい。この時、手早く混ぜてしまうと片栗粉がとれてしまうので注意してください。茹で上がったお肉を冷やす際は冷水でも大丈夫ですが、氷水で一気に冷やした方がよりツルッとした食感を楽しむことができます。薬味として、大葉やネギ、みょうがなどを加えても美味しいので、お好みの味でぜひお召し上がりください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.