がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピお豆腐ババロア イチゴソース

管理栄養士監修レシピ掲載

お豆腐ババロア イチゴソース

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 20分

エネルギー 89kcal/たんぱく質 5.0g/食塩相当量 0.1g

STORY

飲み込みに課題のある方に、無理なくたんぱく質が摂取できるデザートはないかと考えたレシピです。乳製品と大豆製品を組み合わせることで口当たりの良い一品になりました。フルーツのソースをかけることで見た目も鮮やかにお楽しみいただけます。

材料(2人分)

  • 【ババロア】
  • 絹ごし豆腐75g
  • 牛乳1/2カップ(100ml)
  • 砂糖小さじ2(6g)
  • 粉ゼラチン小さじ1弱(2.5g)
  • ゼラチン用の水大さじ1(15ml)
  • 【いちごソース】
  • いちご30g
  • レモン汁大さじ1/2(8g)
  • 砂糖小さじ2(6g)

作り方

  1. 水に粉ゼラチンをふり入れ溶かす。
  2. 豆腐はペーパータオルにくるみ、電子レンジ(600W)で1分加熱し、水切りする。
  3. 水切りした豆腐をミキサーかフードプロセッサーにかけ、滑らかになるまで攪拌(かくはん)する。
  4. 牛乳を電子レンジ(600W)で1分加熱し、砂糖(小さじ2)と①を加えて溶かす。
  5. ④に③を加え混ぜ合わせる。
  6. ⑤を器に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。
  7. いちごは1/4か1/6に切り、レモン汁、砂糖(小さじ2)と合わせる。
  8. 少し置いていちごの水分が出たら軽くつぶし、⑥の上にかける。

管理栄養士からのコメント

豆腐はしっかり水切りすることで、においが気にならなくなります。ミキサーが無い場合は豆腐を裏ごしして滑らかにしてください。いちごソースは加熱せずに作るので、いちごのビタミンCを損なうことなく摂取することができます。酸味が気になる方は、いちごソース無しでもおいしく召し上がれますし、黒蜜ときなこをかけると「和風スイーツ」としても召し上がれます。また、かんきつ類なども同じようにソースにできるので、旬のフルーツで是非お試しください。

LINEで送る
友だち追加

"お豆腐ババロア イチゴソース"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.