がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピささみとキャベツの味噌汁

管理栄養士監修レシピ掲載

ささみとキャベツの味噌汁

0

栄養バランス

エネルギー77kcalたんぱく質8.6g
食塩相当量1.2g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

味噌汁は、下痢をしているときに失われる水分やミネラルを補給するのに適したメニューです。やわらかく煮たキャベツは消化が良く、胃腸の調子を整える効果があるといわれています。脂質の少ないささみを入れることで、たんぱく質もとることができます。

材料(2人分)

  • ささみ1本
  • キャベツ葉2枚
  • 大さじ1
  • 塩コショウ少々
  • だし汁400ml
  • 味噌大さじ1

作り方

  1. ささみは耐熱容器に入れ、酒と塩コショウをふりラップをかける。
  2. 電子レンジ(600w)で3分ほど加熱し、ラップをかけたまま冷ます。粗熱がとれたら手で裂いておく。
  3. キャベツは食べやすい大きさに切る。
  4. 鍋にだし汁、キャベツを入れて火にかけ、キャベツがしんなりするまで煮る。
  5. ささみを汁ごと加え、ひと煮立ちしたら火を止め味噌を溶きいれる。

管理栄養士からのコメント

ささみは加熱しすぎると固くなってしまうので、煮すぎないよう注意してください。キャベツの他に、大根やにんじんなど繊維のやわらかい野菜を入れても良いでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.