がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピしらすとみつばのお粥

管理栄養士監修レシピ掲載

しらすとみつばのお粥

Loading マイレシピに登録

STORY

しらすのうま味とみつばの香りの組み合わせが好きで、よく使います。しらすはクセもなく、みつばは独特の爽やかな香りがありますが、強い香りではないので、お粥ともよく合います。みつばを加えると香りも彩りもよくなって喜ばれます。ごはんから作るお粥は簡単なので、忙しい朝などにも便利です。

材料(2人分)

  • ごはん茶碗軽く2杯 (200g)
  • しらす20g
  • みつば10g
  • 2カップ (400ml)
  • 薄口醤油小さじ1 (6g)

作り方

  1. 鍋にごはんと水を入れて弱火で20分ほど煮る。
  2. しらすと刻んだみつばを入れて温めて、醤油を加えて味を整えて完成。

管理栄養士からのコメント

口内炎が痛いときは食べやすく、飲み込みやすい料理がよいでしょう。やわらかく煮たお粥は、普通のごはんよりも食べやすい料理で、口内炎の悩みがあるときにもおすすめです。熱い料理が刺激となって痛くて食べにくい場合は、少し冷ましてから食べてみて下さい。このレシピでは醤油で少し味をつけていますが、お好みで塩味でもいいですし、献立の組み合わせなどによっては、特に味付けをしなくてもよいでしょう。みつばのような香味野菜を加えることで、味にアクセントがつくので、味覚の変化があったときにも試してみるとよいでしょう。
また、みつばの緑色が加わることで、見た目にもきれいなお粥になります。お粥は消化もよいので、食欲不振のときにもおすすめです。

LINEで送る
友だち追加

"しらすとみつばのお粥"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.