がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ鮭とスナップエンドウのレモンクリームパスタ

レシピ

鮭とスナップエンドウのレモンクリームパスタ

Loading マイレシピに登録

エネルギー 625kcal/たんぱく質 28.2g/食塩相当量 2.1g

STORY

冬から春は国産レモンが多く出回るので、色々な料理に使って旬を楽しんでいます。レモンクリームパスタはクリーミーでありながらレモンの爽やかさが加わってとてもおいしくてお気に入りです。色々な具を合わせることができますが、春らしい食材と彩りを組み合わせると、気分も明るくなりそうです。おもてなし料理としても喜んでもらえるレシピです。

材料(2人分)

  • スパゲティ150g
  • 甘塩鮭2切れ (160g)
  • スナップエンドウ6本 (30g)
  • 白ワイン大さじ2 (30ml)
  • 生クリーム大さじ4 (60g)
  • オリーブオイル大さじ1/2 (6g)
  • レモン1/2個 (50g)
  • 小さじ1/5 (1.2g)
  • こしょう少々

作り方

  1. スナップエンドウは筋を除いておく。鮭は一口大に切る。
  2. フライパンにオリーブオイルをひいて火にかけ、鮭を焼く。焼けたら一度取り出して骨を除く。
  3. ②の鮭をフライパンに戻し、白ワインを加えて煮立て、生クリームを加えてとろみがつくまで煮る。
  4. スパゲティを茹でる。茹で上がり1分前にスナップエンドウを加えて一緒に茹で上げる。
  5. 茹で上がったスパゲティとスナップエンドウを③に加え、レモンの絞り汁と塩・こしょうを加えて軽く炒めて完成。好みでレモン果皮をすりおろして散らす。

管理栄養士からのコメント

味がしない悩みがあるときには、味にアクセントをつけてみましょう。スパイスやハーブなども役立ちますが、レモンのような柑橘類も風味がよく、酸味でアクセントをつけてくれます。強い酸味が苦手という方も、レモンと生クリームをあわせたレモンクリームソースはマイルドで食べやすいかと思います。
また、味を感じる味蕾の新陳代謝に必要な亜鉛もしっかり摂りましょう。亜鉛は色々な食品に含まれていますが、動物性食品に多い傾向があります。野菜だけのパスタよりも、鮭のように動物性食品を組み合わせると、おいしく、栄養価もUPします。今回はスナップエンドウと鮭の組み合わせですが、芽キャベツやアスパラガス、そらまめなどの春野菜もおすすめですし、春野菜以外でももちろんOKです。鮭の代わりにエビや鶏肉、ハム、ベーコンなどもよいでしょう。レモンクリームソースと一緒に、好きな食材を楽しんでみて下さい。

LINEで送る
友だち追加

"鮭とスナップエンドウのレモンクリームパスタ"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.