運営会社変更・サービス継続について

詳しくはこちら

カキとチンゲン菜のオイスター炒め

2020.01.30

お悩み

関連キーワード

調理時間

10

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

栄養価の高い海のミルクを彩り良く

味を感じにくい時には、うまみの強い食材や調味料を使うのがコツです。カキのオイスター炒めは、カキのうま味のダブル効果で味を感じやすくなるでしょう。見た目の彩りもキレイで食欲がそそられる一品です。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 230 kcal

たんぱく質 12.2 g

食塩相当量 2.9 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

カキ(むき身) 150g
片栗粉 適量
チンゲン菜 2株(200g)
パプリカ(赤)   1/4個(40g)
サラダ油   大さじ1
A オイスターソース  小さじ2
A しょうゆ      小さじ1
A 大さじ1

作り方

  • カキは流水で洗いキッチンペーパーで水気を取って、片栗粉をまぶす。チンゲン菜は1cm幅のざく切り、パプリカはタネを取って細切りにする。
  • フライパンにサラダ油の半量(大さじ1/2)を強火で熱し、チンゲン菜とパプリカをさっと炒めて、一旦取り出す。
  • ②のフライパンにサラダ油の残りの大さじ1/2をひき、①のカキを入れて両面を焼く。
  • カキに焼き色がついたら②のチンゲン菜とパプリカを戻し入れ、炒め合わせる。
  • よく混ぜ合わせた【A】を加えて全体にからめるように炒めたら、火を止めて皿に盛る。

管理栄養士からのコメント

カキは「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高く、味覚機能に関わる栄養素である亜鉛を豊富に含むので、味がしない時におすすめの食材です。また、カキには鉄も豊富であり、鉄の吸収をサポートするビタミンCが豊富なチンゲン菜との組み合わせは、貧血予防にも効果が期待できるでしょう。カキは身が崩れやすいので、表面をしっかり焼いてから手早く炒めてください。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;