サービス終了に関するお知らせ

詳しくはこちら

豆腐入り鮭のムニエル

2019.12.06

お悩み

関連キーワード

調理時間

30

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

歯茎や舌でもつぶせるやわらかさ

鮭の身を一度くずした後鮭の形に再形成することで、見た目にも楽しむことができます。豆腐入りで、歯茎や舌でもつぶせるほど軟らかい鮭のムニエルは、噛むのがつらい方や飲み込むのがつらい方でも食べやすいでしょう。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 185 kcal

たんぱく質 9.3 g

食塩相当量 1.3 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

生鮭 1切れ
絹ごし豆腐 50g
片栗粉 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
塩こしょう 少々
サラダ油 大さじ1/2
バター 20g
しょうゆ 小さじ1
付け合わせ お好みで

作り方

  • 生鮭はグリルで焼いてから、皮と骨を除いてほぐす。
  • ボウルに①の鮭と絹ごし豆腐、片栗粉、粉チーズ、塩こしょうを入れて混ぜ、2等分して鮭の形に整える。
  • フライパンにサラダ油を熱し、②の両面に焼き色がついたら皿に盛る。
  • ③のフライパンにバターを入れて火にかけ、バターが溶けたらしょうゆを入れる。
  • ③の鮭に④をかけ、お好みの付け合わせを添える。

管理栄養士からのコメント

手順②でまとまりにくい場合は、片栗粉の量を増やして硬さを調整してください。バターソースの他にもタルタルソースや和風あんかけなど、お好みのソースでお楽しみください。飲み込むのがつらい時はレモンの酸味でむせる可能性があるので、付け合わせから除くか、もし付ける場合は少量にしましょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;