LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

豆腐とカニカマのスープあん

2016.06.21

お悩み

関連キーワード

調理時間

-

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

うまみがあってやさしい味わい

練り物を加えた汁物や煮物はうまみが加わっておいしいと家族や給食調理員さんとよく話題になりました。サラダなどに使うことの多いカニカマですが、スープに入れても彩りが加わってきれいです。下痢のときにも安心のやさしい味わいで、水分も摂れるスープあんのレシピですが、食欲や体調にあわせてごはんやうどんなどの主食にかけて食べてもおいしいレシピです。片栗粉でとろみをつけたスープあんは温まるので、寒い季節や体調の悪いときに喜んでもらえますが、体調にあわせて適度な温度で食べるようにして下さい。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 127 kcal

たんぱく質 9.9 g

食塩相当量 1.4 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

絹豆腐 1丁(300g)
カニカマ 30g
だし 2カップ
薄口醤油 小さじ2/3(4g)
みりん 小さじ2
1g
片栗粉 小さじ2(6g)

作り方

  • カニカマを細かく刻む。
  • 鍋にだし、醤油、みりん、塩、カニカマを入れて煮立てる。沸騰したところへ豆腐を包丁で削ぎ切りにして加え温める。
  • 片栗粉を水少々(分量外)で溶き、混ぜながら加え、とろみをつけて完成。お好みでみつばを少々添えると香りもよくおいしいです。

管理栄養士からのコメント

激しい下痢のときは水分や輸液などのみで禁食のケースもありますが、症状がよくなってきたら、流動食から粥食、常食へと近づけていくことになります。食事のポイントは刺激物(アルコール、辛いもの、冷たいもの等)や食物繊維の多いもの、油の多いものを避けることと、脱水に注意するために水分はしっかり摂りましょう。個人の状態にあわせて、無理のない範囲で食事を進めていきましょう。また、やわらかい豆腐とカニカマの入ったとろみのあるスープあんは、咀嚼・嚥下に悩みがある方にも食べやすいレシピです。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;