がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ鶏のしっとりみぞれ煮

管理栄養士監修レシピ掲載

鶏のしっとりみぞれ煮

4

栄養バランス

エネルギー213.5kcalたんぱく質22.2g
食塩相当量1.5g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

口内炎の時に口の中をあまり刺激しないで食べられる主菜として、みぞれ煮を考案しました。鶏むね肉の食感がしっとり仕上がるように工夫しました。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉180g
  • 大根200g
  • 片栗粉大さじ2
  • 大さじ2
  • 500ml
  • 小ねぎ適量
  • 【A】
  • みりん大さじ2
  • 醤油大さじ1/2
  • 砂糖大さじ1/2

作り方

  1. 鶏むね肉は皮を取り除き、ひと口大のそぎ切りにして片栗粉をまぶす。大根はおろし、小ねぎは小口切りにする。
  2. 鍋に水と酒を入れて沸かす。①を入れて弱火で5分煮て、一度取り出す。汁を100mlとっておく。
  3. フライパンに②の汁、大根、【A】を入れて煮立たせ②の鶏肉を入れて絡める。
  4. 器に盛り、小ねぎを飾る。

管理栄養士からのコメント

鶏むね肉に片栗粉をまぶしてから煮ることで、外側がコーティングされて中はしっとりとした食感に仕上がります。また、野菜を噛むと口内炎を刺激して痛みが出る場合がありますが、大根をおろして煮汁と絡めたみぞれ煮は食べやすいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© hibitasu All Rights Reserved.