がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ野菜と卵のゼリー寄せ

管理栄養士監修レシピ掲載

野菜と卵のゼリー寄せ

エネルギー 48kcal/たんぱく質 2.8g/食塩相当量 1.8g

0

STORY

吐き気が強いときの料理の温度は、冷たいものが適しています。また、味付けは薄く、優しい風味の方が食べやすく感じるようです。お吸い物をゼラチンで固めてゼリーに仕上げることで、見た目も楽しく、吐き気がする人でも美味しく食べることができます。水分もたっぷりと含んでいるので、脱水状態になりやすい患者さんの水分補給としても活躍しました。材料を変えてアレンジしてみてくださいね。

材料(2人分)

  • ほうれん草20g
  • 人参15g
  • 25g (1/2個)
  • だし汁250cc
  • 醤油小さじ2
  • みりん小さじ1
  • ゼラチン5g

作り方

  1. 人参は小さめの角切り、ほうれん草は2~3cmの長さに切る。
  2. だし汁に人参を入れて加熱し、沸騰したら弱火にして、ほうれん草を加える。
  3. 再び加熱をし、煮立ったら溶き卵を回し入れ、固める。
  4. 醤油とみりんで味付けをする。
  5. ゼラチンを加え、よくかき混ぜる。
  6. 器に入れて、粗熱を取り、冷蔵庫で冷やし固める。
  7. 器から皿に取り出して完成。

管理栄養士からのコメント

ゼラチンは種類によって使い方が違い、ふやかしてから使用するものもありますので、商品の説明にそって使用してください。そのまま使えるタイプが便利です。粗熱を取らないと冷蔵庫の中の温度が上がってしまうので、しっかりと冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.