がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピきゅうりの冷製中華スープ

管理栄養士監修レシピ掲載

きゅうりの冷製中華スープ

0

栄養バランス

エネルギー21kcalたんぱく質0.9kcal
食塩相当量1.3g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

暑い夏においしく食べられるきゅうりの冷たいスープです。あっさりとした仕上がりで、食欲がないときにも食べやすいでしょう。

材料(2人分)

  • きゅうり1本(100g)
  • 少々
  • 顆粒鶏がらだし小さじ1(2.5g)
  • お湯50cc
  • 250cc
  • 醤油小さじ1(6g)
  • ごま油小さじ1/2(2g)
  • 糸唐辛子お好みで

作り方

  1. 顆粒鶏がらだしをお湯で溶いてよく混ぜ、水を加えて冷蔵庫で冷やしておく。
  2. きゅうりは輪切りにして塩をふって5分程置いて、出てきた水分を絞る。
  3. ①に醤油を混ぜて②とあわせ、器に盛ってごま油をたらし、お好みで糸唐辛子をのせる。

管理栄養士からのコメント

口が渇く悩みがあるときは、汁物や飲み物を取り入れると良いです。暑い夏には冷たい汁物が食べやすいでしょう。旬の野菜を取り入れたスープで、季節感もお楽しみください。オクラやミニトマトなどの夏野菜や、豆腐やわかめなどを加えて、アレンジもできます。お好みでラー油を加えてピリ辛味にしてもよいでしょう。吐き気があるときにも冷たくあっさりした料理は食べやすい傾向があるようですので、ぜひお試しください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.