がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピかぼちゃとツナのサラダ

管理栄養士監修レシピ掲載

かぼちゃとツナのサラダ

0

栄養バランス

エネルギー151kcalたんぱく質3.7kcal
食塩相当量0.4g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

醤油や塩味がしみる方向けに、少ない塩分でも美味しく食べやすいメニューを考えました。やわらかく滑らかな食感なので、口内炎の痛みがある方や飲み込むのが辛い方にもおすすめです。

材料(2人分)

  • かぼちゃ150g
  • ツナ缶25g
  • マヨネーズ大さじ1
  • 牛乳大さじ1
  • 塩・コショウ適宜

作り方

  1. かぼちゃは皮を剥いて耐熱皿に置き、大さじ3の水(分量外)を入れてラップをかけて電子レンジで2~3分加熱する。
  2. かぼちゃがやわらかくなったら熱いうちにフォークなどで潰し、牛乳を加えてやわらかいペースト状にする。
  3. ②にツナとマヨネーズを加えて混ぜ合わせ、塩・コショウで味をととのえる。
  4. 冷蔵庫で冷やして器に盛り付ける。

管理栄養士からのコメント

塩気は冷やした方が舌に感じやすい特徴があります。冷たいかぼちゃサラダにすることで、口の中にしみにくく美味しくいただけます。牛乳を加えることでパサつきを抑え、刺激の少ない滑らかな食感に仕上がります。ツナの旨味やマヨネーズのさっぱりとした酸味も塩気を引き立てますが、マヨネーズの酸味を刺激に感じる場合は牛乳を増やし、マヨネーズの使用量を減らしましょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.