がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピうなぎとにらの卵とじ

管理栄養士監修レシピ掲載

うなぎとにらの卵とじ

2

栄養バランス

エネルギー228kcalたんぱく質17.7kcal
食塩相当量14.7g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

夏の定番スタミナ食材である「うなぎ」と、疲労回復が期待できる「ニラ」を合わせた卵とじです。にらと卵の鮮やかな色合いで、見た目からも食欲がわくメニューです。ご飯にかけて、うな玉丼にしてもおいしいです。

材料(2人分)

  • うなぎの蒲焼き1/2枚(80g)
  • にら1/2束
  • めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2
  • 1/2カップ
  • 2個

作り方

  1. うなぎは一口大に切って温めておく。
  2. にらは食べやすい長さに切る。
  3. 鍋に水、めんつゆを入れて火にかけ煮立てる。
  4. にらを加え一煮立ちしたら溶き卵を回し入れる。
  5. 卵が半熟になったらうなぎをのせ、さっと煮たら火を止める。

管理栄養士からのコメント

卵でとじることで、うなぎが少なくてもボリュームが出て満足感のある1品になります。うなぎは卵が半熟になったところに加え、煮すぎないようにしてください。噛むのが辛い方はにらを抜くか、やわらかく茹でたほうれん草に代えても良いでしょう。うなぎは脂質を多く含むため、少量で栄養をつけたい方にもおすすめです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.