鱈のフリッター

2019.07.02

お悩み

関連キーワード

調理時間

20

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

一口サイズで食べやすい

白身魚はクセが少なく食べやすいといわれています。一口サイズのフリッターは、気軽につまめてつい手が伸びるかもしれません。ふわふわの食感が食べやすいでしょう。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 279 kcal

たんぱく質 18.7 g

食塩相当量 0.7 g

材料(2人分)

2切れ(160g)
1個(50g)
薄力粉
大さじ4(36g)
大さじ2(30ml)
揚げ油
適量
塩、こしょう
各少々

作り方

  • 鱈は一口大に切り、塩、こしょうをふる。
  • 卵を卵黄と卵白に分ける。卵白は泡だて器でツノが立つまでしっかりとあわ立て、卵黄は水、薄力粉を順に加えてよく混ぜたら、卵白とあわせて混ぜる。
  • ②の衣に①の鱈をくぐらせて、中温(170度)に温めた油に入れて3~4分揚げる。

管理栄養士からのコメント

魚の臭いが気になるときは、鱈のようなクセのない白身魚がおすすめです。少し冷ましてからのほうが臭いがたちにくく、食べやすいでしょう。また、揚げ物は脂質が多くエネルギーを摂りやすいです。卵白があわ立ちにくいときは、途中で塩少々を加えるとしっかりとしたツノが立ちます。ケチャップや塩、レモンなどお好みの味付けでお楽しみください。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;