がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピお星さまの一口そうめん

管理栄養士監修レシピ掲載

お星さまの一口そうめん

3

栄養バランス

エネルギー379kcalたんぱく質13.0g
食塩相当量3.1g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

親子で料理を楽しめるメニューを考えました。そうめんは消化が良く、水分も摂れるので下痢や軟便の時におすすめの食材です。また、卵や野菜類をトッピングすることで栄養価を高め、盛り付けのアレンジで見た目にも楽しめる一品です。

材料(2人分)

  • そうめん(ゆで)432g(乾麺で160g)
  • 麺つゆ(ストレート)160ml
  • オクラ2本(12g)
  • ミニトマト3個(30g)
  • 人参(皮むき 茹で)約3~4cm(40g)
  • 【薄焼き卵】
  • 1個
  • サラダ油小さじ1

作り方

  1. 人参は皮を剥き薄切りにする。オクラは塩で軽く板ずりする。ミニトマトはヘタをとり、食べやすい大きさに切る。
  2. そうめんを袋記載の時間よりもやや長めにやわらかく茹で、ザルに移して冷水で冷やす。
  3. 鍋に湯を沸かし、①の人参を入れやわらかくなるまで茹でる。
  4. 人参がゆであがったら、①のオクラを入れさっと茹で冷水にさらす。
  5. 熱したフライパンにサラダ油をひき、溶き卵を流し入れて薄焼き卵を作る。
  6. ④の人参は型抜きで好みの形にくり抜き、オクラは5㎜幅に切っておく。
  7. ⑤の薄焼き卵が冷めたら、包丁で千切りにする。
  8. 皿に水気を切ったそうめんを一口分ずつ盛り付け、上に①のミニトマトや⑥⑦の具材を盛り付ける。
  9. 薄めた麺つゆに浸して食べる。

管理栄養士からのコメント

癌などの影響で、大腸を部分切除した後の食事においては、下痢や軟便、腸閉塞予防などのお悩みを抱える場合があります。
やわらかく茹でたそうめんは消化がよく、水分を多く含む主食なので、術後の食事に適しています。腸の刺激にならないよう、ワサビや七味唐辛子などの刺激物の摂取は控え、麺はあまり冷やしすぎず、少し冷たいくらいの状態で食べましょう。そうめんを一口大ずつ盛り付けることで、食べやすくなり、食べた量も把握しやすいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© hibitasu All Rights Reserved.