がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピひき肉と大根の煮物

管理栄養士監修レシピ掲載

ひき肉と大根の煮物

0

栄養バランス

エネルギー161kcalたんぱく質5.6kcal
食塩相当量1.5g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

高齢者施設の朝食によく提供していたメニューです。大根や人参は煮ることでやわらかく食べやすい食感になり、煮汁にとろみをつけることで、口の中でばらけやすいひき肉も飲み込みやすくなります。飲み込む力によって各食材をミキサーにかけて提供していました。

材料(2人分)

  • 鶏ひき肉50g
  • 大根100g
  • 人参40g
  • 顆粒だしの素大さじ1/2
  • 青ネギ少々(1g)
  • サラダ油大さじ1/2
  • 【A】
  • こいくち醤油大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 大さじ1/2
  • 砂糖大さじ1/2
  • 150ml
  • 【水溶き片栗粉】
  • 片栗粉小さじ1
  • 大さじ1

作り方

  1. 大根、人参は皮をむいていちょう切りにする。
  2. 青ネギは小口切にする。
  3. 鍋にサラダ油を熱し、鶏ひき肉を炒める。
  4. ひき肉の色が変わったら、①の大根、人参を加え炒める。
  5. 【A】を加え、沸騰したら落し蓋をして弱~中火で15~20分煮る。
  6. 大根、人参がスプーンで簡単に潰せる位の固さになったら、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。
  7. 器に盛り付け、適宜②の青ネギを散らす。

管理栄養士からのコメント

②の青ネギは、噛む力や飲み込む力によって電子レンジまたは沸騰した湯で加熱しやわらかくしましょう。各食材をミキサーにかけるときは、それぞれの食材の色がきれいに出るように、大根、人参、青ねぎをそれぞれ流水で軽く洗い、少量の煮汁またはだし汁を加えて撹拌します。ひき肉は煮汁と一緒に撹拌し、それぞれの食材を皿に盛り付けます(画像左上を参照)。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.