LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

あんかけ里芋ハンバーグ

2019.02.25

お悩み

関連キーワード

調理時間

25

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

舌でもつぶせるほどやわらかい

里芋と豆腐を入れ舌でもつぶせるほどやわらかいハンバーグは、口内炎が痛む方や噛むのが辛いという方でも、食べやすい食感です。また、口内炎の刺激にならないよう、優しい味つけにしました。口が渇くという場合でも、とろみのついたあんは水分も多く、食べやすいハンバーグです。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 213 kcal

たんぱく質 11.6 g

食塩相当量 2.6 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

里芋 60g
玉ねぎ 1/6個
合いびき肉 50g
木綿豆腐 1/4丁
1/2個
パン粉 15g
食塩 ひとつまみ
サラダ油 小さじ2
大さじ2
ねぎ 3cm
   
【ソース】  
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
みりん 大さじ1/2
なめたけ(瓶詰め) 大さじ3
75ml
   
【水溶き片栗粉】  
片栗粉 小さじ2
大さじ1

作り方

  • ねぎは小口切りにする。豆腐は水切りしておく。里芋は皮をむき水を張った鍋に入れ、火が通るまで茹でる。
  • 玉ねぎはみじん切りにしてサラダ油で炒める。
  • ボウルに里芋、合いびき肉、豆腐、炒めた玉ねぎ、卵、パン粉、塩を入れて粘りが出るまでこねる。
  • 2等分にしてたわら型に形成する。熱したフライパンに油を引き両面に焼き色がつくまで焼く。酒を入れてから蓋をして弱火で中までしっかりと火を通す。
  • ソースを作る。鍋にめんつゆ、みりん、なめたけ、水を入れて強火にかけ、沸騰したら中~弱火にし水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
  • 皿にハンバーグを盛り、ソースをかけ、ねぎを散らす。

管理栄養士からのコメント

口内炎がひどい場合は、1口大に切って召し上がっていただくと食べやすくなります。里芋は冷凍のものを使用すると、手軽に作ることができます。手順②で、玉ねぎは甘味や風味を出すために炒めてから使用していますが、炒めずにそのまま混ぜてもかまいません。手順③で、水分が多くまとまりが悪い場合は、パン粉を追加してください。また、手ごねではなくミキサーを使用すると、より滑らかな口当たりのハンバーグになります。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;