がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピフレッシュイチゴのムース

管理栄養士監修レシピ掲載

フレッシュイチゴのムース

1

栄養バランス

エネルギー168kcalたんぱく質2.3kcal
食塩相当量0g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

イチゴ本来の甘酸っぱさが感じられるデザートです。さっぱりとしたイチゴの酸味で、食欲が無いときでも食べやすいレシピです。また、口の中で溶けるので、噛むのが辛い方や飲み込むのが辛い方でも食べやすいでしょう。生クリームを使用しており、カロリーも高いので少量で栄養を取りたいという方にもおすすめです。

材料(2人分)

  • イチゴ100g
  • 砂糖20g
  • 生クリーム50g
  • 粉ゼラチン3g
  • 水(ゼラチン用)大さじ1
  • ミント適量

作り方

  1. ゼラチンは水に振り入れ、ふやかしておく。
  2. イチゴは洗ってヘタを取り、砂糖とともにミキサーにかけ、20g程度をソース用に別の器に取っておく。
  3. 生クリームをボウルに入れ、氷水をあてながら泡立て器で6~7分泡立てる。
  4. ゼラチンをレンジで温めて溶かし、②に入れてミキサーでよく混ぜる。
  5. ④のイチゴペーストを生クリームへ2~3回に分け、よく混ぜながら加える。
  6. しっかりと混ざったら、バットなど平らな容器に流し入れ冷蔵庫で冷やす。
  7. 固まったら器に盛り付け、ソースをかけてミントを飾る。

管理栄養士からのコメント

ゼラチンをふやかす際にゼラチンに水をかけるとダマになってしまう事があるので、水を入れてからゼラチンを振りいれてください。カロリーが気になる場合には、生クリームの半分をヨーグルトに代えてもおいしく作る事が出来ます。また、フルーツを煮詰めたもも缶やパイン缶など他のフルーツでも美味しく作る事が出来ます。たんぱく質分解酵素を含む生のパイナップルやキウイ、酸味の多い生のオレンジなどの柑橘類はゼラチンがうまく固まらない可能性がありますので注意してください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.