がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピぶりのはちみつ生姜焼き

管理栄養士監修レシピ掲載

ぶりのはちみつ生姜焼き

1

栄養バランス

エネルギー289kcalたんぱく質18.4kcal
食塩相当量1.2gもっと見る 亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

豚肉の生姜焼きを魚にアレンジしてみたいなと思い考えたレシピです。はちみつには魚の臭みを減らす効果があり、さらにはちみつの効果でテリも出ておいしく仕上がります。白いごはんによく合うおかずです。

材料(2人分)

  • ぶり2切れ(160g)
  • 少々
  • 片栗粉小さじ2(6g)
  • 小さじ2(8g)
  • 【タレ】
  • しょうが10g
  • 濃口醤油小さじ2(12g)
  • 小さじ2(10g)
  • はちみつ小さじ1(7g)
  • 【付け合わせ】
  • キャベツ1枚(60g)
  • ミニトマト4個(60g)

作り方

  1. しょうがはすりおろし、タレの材料を混ぜ合わせておく。
  2. ぶりに塩をふって5分程置いて、出てきた水分をキッチンペーパーで拭いたら片栗粉をまぶし、熱したフライパンに油をひいて焼く。
  3. 4~5分焼いて焼き色がついたら裏返し、同様に焼いたら、①のタレを加えて煮絡める。
  4. ③をお皿に盛り、刻んだキャベツとミニトマトを添える。

管理栄養士からのコメント

料理のにおいが気になるときは、温かい料理よりも冷たい料理のほうがにおいが立ちにくく食べやすい傾向があります。そのため、温かい料理も少し冷ましてから食べるとよいでしょう。
また、臭みを減らす調理の工夫をすることもポイントになります。しょうがなどの香味野菜を使ったり、はちみつのように魚の臭みを取る調味料を取り入れたりしてみるとよいでしょう。はちみつが魚の臭みを減らす働きについては、はちみつに含まれる酸が魚の臭みの原因であるアミンの揮発性をなくすためと言われています。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.