がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピよだれ鶏

管理栄養士監修レシピ掲載

よだれ鶏

調理時間 : 60分

エネルギー 443kcal/たんぱく質 26.6g/食塩相当量 4.2g

STORY

お肉のにおいが気になる方も美味しくお召し上がりいただける、淡泊な味の鶏むね肉とピリ辛のタレでつくる「よだれ鶏」です。本格的な調味料を使わず、家庭にある調味料で簡単に作れるので、定番にしたい一品です。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉1枚
  • モヤシ100g(1/2パック程度)
  • 万能ねぎ適量
  • 【合わせ調味料】
  • 鶏の茹で汁大さじ3
  • 醤油大さじ2
  • ポン酢大さじ1
  • オイスターソース大さじ1
  • ラー油大さじ1
  • ごま油大さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • すりおろしニンニク小さじ1/4

作り方

  1. 鍋で湯を沸かし、鶏むね肉を丸ごと茹でる。20分程加熱したら火を止め、そのまま20~30分放置する。
  2. 別の鍋でモヤシを1~2分茹で、ザルにあげて冷ましておく。
  3. 皿にモヤシ、スライスにした鶏肉をのせ、合わせ調味料を上からかける。
  4. 仕上げに小口切りにした万能ねぎを散らす。

管理栄養士からのコメント

よだれ鶏の名前の由来は、よだれが出るほど美味しいことに由来するそうです。個々の調味料のうま味を生かし、バランスよく調味料を配合しましたが、ラー油の量によって辛味の調整もしていただけます。特に体力が低下している方は食中毒予防のため、鶏肉をしっかり加熱するよう注意してください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.