がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピイチゴのオムレット

管理栄養士監修レシピ掲載

イチゴのオムレット

0

栄養バランス

エネルギー528kcalたんぱく質9.7kcal
食塩相当量0.8g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

やわらかくふわふわしたオムレットは、噛むのが辛い方でも食べやすいでしょう。また、バターや生クリームに含まれる脂肪分のまろやかさが苦味を和らげてくれるので、苦味を感じやすい方にもおすすめです。カロリーも高いので少量で栄養を摂ることもでき、お腹が空いたときの捕食にもぴったりです。

材料(2人分)

  • イチゴ2個
  • 1個
  • 牛乳65ml
  • ホットケーキミックス100g
  • 生クリーム100ml
  • グラニュー糖10g
  • バター10g

作り方

  1. イチゴは1/2の大きさに切る。
  2. ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ、氷水にあてながら泡立て器で泡立て、ホイップクリームを作る。
  3. 別のボウルに卵と牛乳、ホットケーキミックスを入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  4. 熱したフライパンにバターの半量をひき、生地の半量を円形に流し入れ弱火で両面焼く。同じ要領でもう一枚焼く。
  5. 焼き上がった生地は熱いうちに軽く半分に折り、折りたたんだ形のままラップで包んで冷ましておく。
  6. ホイップクリームを星口金をつけたしぼり袋に入れ、生地の内側に絞ってイチゴをはさむ。

管理栄養士からのコメント

生地を入れる前に、フライパンを濡れ布きんの上で少し冷やしてからから焼くと、ムラなくきれいな色に焼き上がります。バターを使用することで風味が増しますが、サラダ油でも代用できます。イチゴの代わりにキウイやオレンジなどお好みのフルーツを入れて作っても美味しいです。生クリームを絞る際、生地が熱いままだと生クリームが溶けてしまうので、しっかりと生地が冷めてから絞ってください。また、生クリームは絞るだけの市販品を使用すると、手軽に作ることができます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.