がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ鶏と野菜のレンジ蒸し

管理栄養士監修レシピ掲載

鶏と野菜のレンジ蒸し

調理時間 : 10分

エネルギー 125kcal/たんぱく質 22.0g/食塩相当量 1.4g

STORY

電子レンジで簡単に作れる主菜メニューとして考案しました。野菜とお肉、調味料を同時に加熱するので、とてもお手軽です。刻んだ梅干しを添えることで、口にしたときにさっぱり感が増します。

材料(2人分)

  • 鶏胸肉160g
  • 白菜80g
  • もやし60g
  • 梅干し2個
  • 万能ねぎ(小口切り)適量
  • 【A】
  • 顆粒和風だし小さじ1/4
  • 醤油小さじ1
  • みりん小さじ1/2
  • 大さじ1/2

作り方

  1. ボウルに【A】の材料を入れ、合わせ調味料を作る。
  2. 白菜は根元を切り落としざく切りに、梅干しは種を除きみじん切りに、もやしは水で洗い、ザルにあげて水気を切る。
  3. 鶏胸肉は厚さ1cm程度のスライスにする。
  4. 耐熱皿に白菜ともやしをのせ、その上から鶏胸肉を乗せる。①を全体にふりかける。
  5. ふんわりとラップをし、鶏肉が加熱されるまで電子レンジ(600w)で3~4分間加熱する。
  6. 仕上げに万能ねぎと刻んだ梅干しをトッピングする。

管理栄養士からのコメント

食欲がないときは、素麺やうどんなど炭水化物がメインの料理に偏りやすいですが、さっぱりとして食べやすいたんぱく質食材も意識して取り入れてみてください。鶏胸肉の他にも、鶏ささみや豚ヒレ・モモ肉、あるいは白身魚などもおすすめの食材です。白菜やもやしはえぐみがあまりなく、食欲がないときにも比較的お召し上がりやすいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.