がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ豆乳花風ゼリー

管理栄養士監修レシピ掲載

豆乳花風ゼリー

5

栄養バランス

エネルギー115kcalたんぱく質4.2kcal
食塩相当量0.1gもっと見る 亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

アジアンスイーツの豆乳花をゼラチンで手軽に作ります。ぷるぷる・なめらかな口当たりであっというまに食べられるおいしさです。

材料(2人分)

  • 調整豆乳1カップ(200ml)
  • 砂糖大さじ1.5(13.5g)
  • 粉ゼラチン2g
  • きび砂糖大さじ1(9g)
  • 大さじ2(30ml)
  • クコの実お好みで

作り方

  1. 鍋に豆乳と砂糖を入れて火にかけ沸騰直前まで煮たてたところに粉ゼラチンをふり入れて溶かしよく混ぜる。
  2. 粗熱が取れたらボウルなどに入れて冷蔵庫で冷やし固める。
  3. シロップを作る。きび砂糖と水、お好みでクコの実を鍋に入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めて冷ます。
  4. ②が固まったらスプーンですくって器に盛り、③のシロップをかける。

管理栄養士からのコメント

なめらかな口当たりと優しい甘さがおいしい豆乳のゼリーは、口内炎がつらいときにも食べやすいかと思います。甘さが濃すぎるのも口内炎の刺激になってしまう場合があるので、食べやすいようにシロップの濃さなどを工夫して下さい。粉ゼラチンは温めた豆乳に直接ふり入れていますが、商品の指示に従って、必要があれば水でふやかして使って下さい。シロップはきび砂糖を使っていますが、普通の砂糖でも同様に作れます。クコの実があると見た目にもアクセントになりますが、なくてもおいしいので、噛むことが辛い場合などは除いて、無理のないようにして下さい。また、お好みで手作りシロップの代わりに黒みつやメープルシロップなどでもよいでしょう。ひんやりスイーツは吐き気があるときにも食べやすいかもしれません。お試ししてみてはいかがでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.