がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピじゃがいもと明太子のチーズオムレツ

管理栄養士監修レシピ掲載

じゃがいもと明太子のチーズオムレツ

0

栄養バランス

エネルギー329kcalたんぱく質18.5kcal
食塩相当量1.8gもっと見る 亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

一品でたんぱく質、脂質、糖質がとれるオムレツです。少量でもバランスよく栄養をとることができますので、朝食にもおススメです。卵とチーズのまろやかな味わいを楽しみましょう。

材料(2人分)

  • じゃがいも100g(中1個)
  • 明太子1/2腹(30g)
  • ピザ用チーズ20g
  • 3個
  • 牛乳大さじ3(45g)
  • 少々
  • サラダ油大さじ1(18g)
  • ベビーリーフ1/2袋
  • ミニトマト2個(無くても可)

作り方

  1. じゃがいもは1cm角に切り、水にさらす。
  2. ①を耐熱容器に入れふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600w)で3分柔らかくなるまで加熱する。
  3. 明太子は皮を除き、中身をだしておく。
  4. ②、③とピザ用チーズを混ぜ合わせる。
  5. 卵をボウルに割り入れときほぐし、牛乳と塩を加えてよく混ぜる。
  6. 温めたフライパンでサラダ油を熱し、⑤を流しいれる。
  7. 大きくかき混ぜて半熟状になったら片側に④をのせ、片側の卵をかぶせるようにおりたたむ。
  8. ふたをしてチーズが溶けるまで弱火で加熱する。
  9. ベビーリーフとミニトマトを盛った皿にのせ、完成。

管理栄養士からのコメント

じゃがいもを加熱後、つぶしてマッシュポテトにすると噛むことが辛い方にもより食べやすくなります。卵はたんぱく質や脂質、ビタミンミネラルなどを多く含み完全栄養食と呼ばれるほど栄養価の高い食材です。オムレツや卵焼きは定番の卵料理ですが、具材をプラスすることでより栄養バランスの良いメニューになります。ハムやチーズ、ツナ缶やイモ類を加えるとたんぱく質や糖質を補うことができます。卵液に生クリームやマヨネーズを加えることによっても口当たりがよく、無理のないエネルギーアップにつながります。卵料理は調理も簡単ですので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.