がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ里芋と舞茸の炊き込みご飯

管理栄養士監修レシピ掲載

里芋と舞茸の炊き込みご飯

1

栄養バランス

エネルギー359kcalたんぱく質9.2g
食塩相当量1.3g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

秋になると出回る里芋。一般的には煮物にすることが多い食材ですが、実家ではよく炊き込みご飯にしていました。さらに舞茸も加えることで、秋らしさを出しています。

材料(2人分)

  • 白米1合
  • 里芋3個
  • 舞茸1/3パック
  • にんじん1/4本
  • 油揚げ1枚
  • 醤油大さじ1
  • 万能ねぎ適量

作り方

  1. 米を洗い、水に30分以上浸漬させておく。
  2. 舞茸は手で裂く。にんじんは薄い短冊切りにする。油揚げは縦半分に切り、1cm程度の幅に切る。
  3. 里芋は皮を剝き、一口サイズの大きさに切る。鍋に湯を沸かし、里芋を茹でこぼす。
  4. 炊飯器に米、1合分の水(200cc程度)を入れ、醤油を加えて混ぜる。②と③を加え通常炊飯する。
  5. 炊きあがったら、仕上げに小口切りにした万能ねぎをトッピングする。

管理栄養士からのコメント

醤油を加えて炊き込む「炊き込みご飯」は、ご飯のにおいがカバーされる調理法です。舞茸などのキノコ類を加えることで、香りはさらに向上します。里芋を茹でこぼすのは、ぬめりを落としたり予備加熱して軟らかくすることが目的です。少し手間ですが、こうすることで炊き上がり後に失敗がありません。通常炊飯のように加水には水を使用するレシピですが、可能であればだし汁に置き換えるとさらに美味しく仕上がります。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.