LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

鮭の和風きのこあんかけ

2018.09.28

お悩み

関連キーワード

調理時間

25

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

食物繊維が豊富で便秘対策にも

秋を感じる鮭ときのこの組み合わせの料理です。きのこのあんかけは肉や豆腐などにあわせてもおいしく、きのこをたっぷりと食べられるのが嬉しいです。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 183 kcal

たんぱく質 20.1 g

食塩相当量 1.4 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

生鮭 2切れ(160g)
塩、こしょう  各少々
片栗粉 小さじ2(6g)
大さじ1/2(6g)
   
<きのこあんかけ>  
お好みのきのこ 合計120g
だし 3/4カップ(150ml)
薄口醤油 小さじ2(12g)
みりん 小さじ2(12g)
片栗粉 大さじ1/2(4.5g)
小ねぎ 1本(2g)

作り方

  • 鮭は塩、こしょうをふり、5分程置いて出て来た水分をキッチンペーパーで拭いて片栗粉をまぶし、熱したフライパンに油をひいて焼く。両面を焼いたらお皿に盛る。
  • きのこは石突を切り落として食べやすい大きさに切る。(写真はえのき50g、しめじ40g、しいたけ30g)
  • 鍋にだし、醤油、みりんを入れて火にかけ、きのこを煮る。きのこが煮えたら片栗粉を大さじ1の水(分量外)で溶いて加え混ぜ、とろみがついたら①にかけ、刻んだ小ねぎを散らす。

管理栄養士からのコメント

あんかけ料理なら、口が渇く悩みがあるときにも食べやすいかと思います。秋らしくきのこあんにしましたが、噛むことがつらいときにはきのこなしのほうがよいでしょう。食べやすい野菜でアレンジしてもいいですね。きのこは食物繊維が豊富です。便秘の予防・改善に役立ちます。1種類でもいいですが、色々組み合わせると食感や見た目が楽しめておすすめです。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;