がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ梅干しと塩昆布の炊き込みご飯

管理栄養士監修レシピ掲載

梅干しと塩昆布の炊き込みご飯

調理時間 : 30分

エネルギー 296kcal/たんぱく質 6.2g/食塩相当量 2.4g

1

STORY

味覚を感じにくくなっている際に、美味しく食事をとりたいとの相談を受け考案したレシピです。

材料(2人分)

  • 1合
  • 梅干し3個
  • 枝豆の塩煮10粒
  • 塩昆布大さじ2
  • 大さじ1

作り方

  1. 米を研ぎ分量通りの水入れ浸水する。
  2. 枝豆をゆで皮を取り除く。
  3. 梅干しの種を取り除き粗みじん切りにする。
  4. ①に②③を加え、塩昆布と酒を入れ炊飯する。
  5. 炊きあがったら良くかき混ぜ、器に盛り付ける。

管理栄養士からのコメント

酸味、旨味、塩味など味のアクセントが加る事で味を感じる感覚に刺激を与え、感度が強くなるよう工夫しました。人間が美味しさを感じる感覚として視覚がとても重要だと言われています。梅干しの赤に枝豆の緑、塩昆布の黒、美味しく炊きあがった醤油色のご飯と色鮮やかな見た目で視覚からも美味しさを感じられる献立に仕上げました。梅干しの爽やかな酸味が食欲をそそるメニューです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.