がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピオイマヨ焼きそば

管理栄養士監修レシピ掲載

オイマヨ焼きそば

STORY

広東風焼きそばはオイスターソースを使用するという話を聞き、普通のソースの代わりにオイスターソースを使い、マヨネーズもあわせてみました。目玉焼きの半熟の黄身と絡めて食べてもおいしいです。

材料(2人分)

  • 蒸し中華麺2玉(300g)
  • 2個(100g)
  • 豚こま切れ肉100g
  • 人参1/4本(40g)
  • ピーマン1個(40g)
  • 大さじ1(12g)
  • オイスターソース大さじ3(54g)
  • マヨネーズ大さじ2(24g)

作り方

  1. 人参、ピーマンは千切りにし、豚こま切れ肉は食べやすい大きさに切る。
  2. フライパンを熱して、分量のうち小さじ1の油をひき、卵を割り入れて、目玉焼きを作り、取り分けておく。
  3. 残りの油をフライパンに入れて、豚肉を焼く。色が変わったら人参、ピーマンを加えてさっと炒め、蒸し中華麺をほぐし入れて2~3分、全体を炒める。
  4. オイスターソースとマヨネーズを混ぜて③に入れて味をつけ、お皿に盛って②の目玉焼きをのせる。

管理栄養士からのコメント

マヨネーズは脂質が多くエネルギーを摂りたいときに便利です。焼きそばに加えて一緒に炒めても食べやすいです。お好みで仕上げにトッピングとしてかけてもよいでしょう。目玉焼きトッピングは見た目にもおいしそうですし、卵からのエネルギーやタンパク質を摂れます。焼きそばを炒める前に目玉焼きを作るので、フライパン一つで完成して楽です。
オイスターソースのコクとうまみがおいしく、やや濃いめに味付けすれば味がしない悩みがある方にも食べやすいかと思います。お好みの香辛料などで味にアクセントをつけてもよいでしょう。
焼きそばの具はお好みでアレンジできるので、肉を魚介にしたり、きのこ入りにしてみたり、自由に楽しんで下さい。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.