がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ大豆のコロコロサラダ

管理栄養士監修レシピ掲載

大豆のコロコロサラダ

調理時間 : 15分

エネルギー 103kcal/たんぱく質 6.3g/食塩相当量 0.6g

0

STORY

水煮缶を使うと大豆を毎日のメニューに気軽に取り入れることができます。煮物などに使われることの多い大豆ですが、ふっくらとした水煮の大豆はサラダにしてもおいしいです。カラフルな野菜を大豆と同じくらいの大きさに切ることで見た目にもかわいらしくなります。

材料(2人分)

  • きゅうり1/3本(30g)
  • 赤パプリカ1/4個(20g)
  • 黄パプリカ1/4個(20g)
  • 大豆水煮缶小1/2缶(50g)
  • ロースハム2枚
  • レタス1枚
  • 【A】
  • りんご酢大さじ1(15g)
  • サラダ油小さじ1(4g)
  • 少々
  • こしょう少々

作り方

  1. きゅうり、パプリカ、ハムは1cm角の大きさに切る。
  2. ①と大豆水煮缶をボウルに入れて混ぜる。
  3. 【A】をよく混ぜ合わせ、②と合わせる。
  4. 器にちぎったレタス、③を盛る。

管理栄養士からのコメント

りんご酢は穀物酢と砂糖少々で代用が可能です。ドレッシングの代わりにマヨネーズでもおいしく、カロリーアップにもなります。大豆は畑の肉と呼ばれるように、良質なたんぱく質を多く含みます。大豆たんぱく質は消化吸収が良く、体内で利用されやすいという特徴をもっています。肉や魚などの動物性たんぱく質だけでなく、大豆を活用して植物性たんぱく質も取り入れましょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.