がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピレンジで豚こま団子の酢豚

管理栄養士監修レシピ掲載

レンジで豚こま団子の酢豚

調理時間 : 15分

エネルギー 263kcal/たんぱく質 24.2g/食塩相当量 3.2g

STORY

電子レンジのみで作れる主菜レシピとして考案しました。肉団子は挽肉を使用せず、比較的手に入りやすい豚こま肉を丸めて作ります。見た目からは想像できないくらい手軽なメイン料理です。

材料(2人分)

  • 豚こま肉200g
  • 醤油小さじ2
  • 玉ねぎ1/4個
  • パプリカ(黄)1/2個
  • パプリカ(赤)1/2個
  • ピーマン2個
  • 【A】
  • ケチャップ大さじ1.5
  • 砂糖大さじ1.5
  • 大さじ1.5
  • 醤油大さじ1.5
  • 片栗粉小さじ2

作り方

  1. 豚こま肉はキッチンバサミで荒く刻み、醤油小さじ2を加えて馴染ませる。
  2. ①を3cm程度の大きさの団子状に丸める。
  3. 玉ねぎは皮を剝き1.5cm各程度の大きさに切る。パプリカとピーマンはヘタと種を除き1.5cm各程度の大きさに切る。
  4. 耐熱容器に③の野菜を平たく入れ、その上に②の肉団子を隙間を空けて並べる。
  5. ④にふんわりとラップをし、電子レンジ(600w)で6分ほど加熱する。
  6. 【A】の材料を耐熱ボウルに入れ、電子レンジ(600w)で30秒加熱後取り出しよく混ぜる。さらに30秒加熱後によく混ぜ、とろみをつける。
  7. ⑤に⑥の甘酢あんを絡ませる。

管理栄養士からのコメント

電子レンジ加熱のメリットは手軽なだけでなく、調理油が不要なこと、ビタミン類など栄養成分の損失が少ないことなどが挙げられます。さらに、このレシピのように野菜の上にお肉を置いて加熱すると、肉の旨味を野菜が吸ってくれるので無駄がありません。酢豚あんはケチャップの香りが立つため、お肉のにおいを上手にカバーしてくれます。そのため、お肉のにおいが気になる方も比較的食べやすいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.