がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ豆乳冷や汁風ご飯

管理栄養士監修レシピ掲載

豆乳冷や汁風ご飯

調理時間 : 10分

エネルギー 432kcal/たんぱく質 17.5g/食塩相当量 2.0g

STORY

豆乳でまろやかな味が楽しめる冷や汁風のレシピです。火を使わずに作れるので、暑い時期にも簡単に調理できます。さらっとしているので、口が渇く悩みがある時や食欲のない時にも食べやすいと思います。

材料(2人分)

  • ごはん茶碗2杯(300g)
  • 豆乳1カップ(200ml)
  • 冷水1/2カップ(100ml)
  • 白だし1/4カップ(50ml)
  • 白すりゴマ大さじ2(18g)
  • 木綿豆腐小1丁(150g)
  • きゅうり1本(100g)
  • 小さじ1/4
  • ミニトマト5個
  • 大葉3枚

作り方

  1. きゅうりは輪切りにし、塩もみする。
  2. ミニトマトは半分に、大葉は千切りにする。
  3. 豆乳、冷水、白だし、白すりゴマを合わせ、豆腐をちぎりながら入れる。
  4. ①を軽くしぼって加える。
  5. お碗に④を注ぎいれ②をトッピングする。
  6. ご飯を添える。

管理栄養士からのコメント

大葉だけでなく、ネギやみょうがなどの薬味を追加しても良いでしょう。お好みでごま油やラー油をたらしてもおいしく召し上がれます。ツナ缶やハムを加えると、うま味が追加されますので是非お試しください。また、暑い時期は冷たいものが食べやすいですが、冷たいものばかり食べていると内臓の冷えから様々な不調につながります。無理して温かいものを食べる必要はありませんが、冷たすぎないよう注意したり飲み物は常温にするなど温度にも気をつけましょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.