がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ小松菜のレモン醤油和え

管理栄養士監修レシピ掲載

小松菜のレモン醤油和え

調理時間 : 5分

エネルギー 83kcal/たんぱく質 4.3g/食塩相当量 0.5g

STORY

いつもの小松菜のお浸しをひと工夫しました。フレッシュなレモン果汁は酸味が強いため、さっぱりと仕上がります。こってりとした料理が食べにくいときや、吐き気がする、気分が悪いときなどにおすすめです。

材料(2人分)

  • 小松菜1/4束
  • ツナ缶1/2缶
  • 醤油小さじ1
  • レモン汁小さじ1/2
  • ごま油小さじ1

作り方

  1. 小松菜を洗い、沸騰したお湯に茎部分だけ入れて30秒間茹でる。その後、葉も入れて1分間茹でる。
  2. 小松菜を取り出し、冷水でしめる。キッチンペーパーで水気を取り、食べやすい長さに切る。
  3. ボウルに小松菜、ツナ、醤油、レモン汁、ごま油を入れて和える。

管理栄養士からのコメント

植物性食品由来の鉄分は「非ヘム鉄」といって吸収されにくい形ですが、レモンなどに含まれるビタミンCはヘム鉄の吸収を高めることが知られています。また、鉄分は動物性タンパク質と一緒に摂ることで、さらに吸収されやすくなります。貧血気味の方や、採血をした後にはこのような鉄分がたくさん撮れるメニューを是非お召し上がりください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.