がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ手まり寿司

管理栄養士監修レシピ掲載

手まり寿司

調理時間 : 30分

エネルギー 353kcal/たんぱく質 9.9g/食塩相当量 1.4g

STORY

オクラを星に見立てた気軽に楽しめる七夕メニューです。生ものは使用せず、家庭によくある材料で作れるレシピにしました。簡単ですがおもてなしやパーティーにも喜ばれる華やかな一品です。

材料(2人分)

  • 【酢飯】
  • ごはん300g
  • 大さじ2弱(25g)
  • ひとつまみ
  • 砂糖大さじ1(10g)
  • 【錦糸卵】
  • 1/2個
  • 少々
  • サラダ油少々
  • かに風味かまぼこ20g
  • ツナ缶1/2缶
  • マヨネーズ大さじ1/2(6g)
  • きゅうり1/4本
  • 少々
  • 梅干1個
  • おくら2本
  • 刻みのり適量

作り方

  1. 酢、塩、砂糖を合わせて温かいごはんに混ぜる。8等分する。
  2. おくらは茹でて小口切り、きゅうりは薄切りにして塩をふっておく。
  3. 【錦糸卵】卵を溶いて塩少々を加え、油をしいて温めたフライパンで薄く焼き千切りにする。
  4. 錦糸卵を半分に分けてラップに置き①の酢飯をのせくるみ、手まり型に成型する。
  5. ツナ缶は油を切り、マヨネーズを混ぜる。
  6. ⑤を半分に分けてラップに置き①の酢飯をのせくるみ、手まり型に成型する。
  7. かに風味かまぼこを半分に分け、ラップに置き①の酢飯をのせくるみ、手まり型に成型する。
  8. ①の酢飯を手まり型に成型し、②のきゅうりを並べ真ん中に梅干をのせる。
  9. ④、⑥、⑦のラップをとって皿に盛り、おくらと刻みのりをトッピングする。

管理栄養士からのコメント

具材はハムや漬物などお好みのものでアレンジしてください。数種類用意すると選ぶ楽しみが加わり食べる意欲につながります。2口ほどで食べられる大きさですので、量を食べられない方でもいろいろな種類を味わうことができます。ラップを使って簡単に作れるので、お子さんと一緒に作るのも楽しいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.