がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピごぼうと桜エビのかき揚げ

管理栄養士監修レシピ掲載

ごぼうと桜エビのかき揚げ

エネルギー 135kcal/たんぱく質 3.2g/食塩相当量 0.6g

STORY

うどんに入れる為にサクサクしたかき揚げを作ってほしいとの要望を受け考えたレシピです。ごぼうは生よりも冷凍のごぼうを使う方が手間も省け、時間が経ってもサクサクした食感が保てます。

材料(2人分)

  • 冷凍ささがきごぼう80g
  • 桜エビ3g
  • ニラ30g
  • 薄力粉30g
  • 大さじ2
  • 揚げ油適量
  • 塩(お好みの)ひとつまみ

作り方

  1. 冷凍のささがきごぼうはボウルに入れて解凍しておく。
  2. にらは2㎝の長さに切っておく。
  3. ①に②と桜エビを入れて混ぜ合わせる。
  4. ③に小麦粉をふるいながら、全体にからめる。
  5. 小麦粉が全体にからまったら水を入れて混ぜる。
  6. 鍋に油を入れて、170度になったら両面を1分程度揚げる。
  7. 塩を直接ひと振りするか、お皿に盛り付けて完成。

管理栄養士からのコメント

便秘の方には食物繊維が豊富なごぼうがおすすめです。ごぼうの食物繊維は水溶性の食物繊維です。ごぼうの食物繊維のイヌリンが腸の動きを活発にしてくれ、便秘の改善に効果的です。また、ニラや桜エビも食物繊維を豊富に含みますので、この料理だけで1人3.1gもの食物繊維を摂る事ができます。ニラが苦手な方は大葉や三つ葉等に替えても良いです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.