がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ焼き鮭とみつばの混ぜごはん

管理栄養士監修レシピ掲載

焼き鮭とみつばの混ぜごはん

エネルギー 323kcal/たんぱく質 11.7g/食塩相当量 0.7g

STORY

鮭とみつばを組み合わせたごはんは個人的にも好きでよく作ります。鮭をごはんと一緒に炊き上げるレシピは手軽ですが、今回は塩鮭をグリルで香ばしく焼いて、その風味を活かしました。直火で香ばしく焼き上げた鮭は皮までおいしく食べられて、ごはんとの相性も抜群と喜ばれます。さらに、みつばの爽やかな香りも加わり、ご飯の臭いが気になる方にも食べやすくおいしく仕上がっています。

材料(2人分)

  • あたたかいごはん300g
  • 塩鮭1切れ(70g)
  • みつば正味20g

作り方

  1. 塩鮭を魚焼きグリルで焼く。皮に軽く焦げ目ができてきたら裏返して、両面を香ばしく焼く。
  2. ①の鮭をほぐし、骨を除く。みつばは根元を切り落として、1.5㎝程度に刻む。
  3. あたたかいごはんに鮭とみつばを混ぜて完成。

管理栄養士からのコメント

ごはんの余熱でみつばにも熱を通すので、温かいごはんを使います。みつばが固くて食べにくい場合は、さっと茹でてから刻んで混ぜてもいいでしょう。みつばのような香味野菜を使うことも、料理を風味よく仕上げて食べやすくしてくれるので、活用してみるといいですよ。また、‘香ばしさ’もおいしさや風味のよさのポイントになりますから、鮭を意識して香ばしく焼くようにしてみて下さい。香ばしく焼いた鮭は、魚の臭いが気になるという方にも食べやすいおいしさです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.