がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ緑黄色野菜のホワイトソースかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

緑黄色野菜のホワイトソースかけ

調理時間 : 20分

エネルギー 98kcal/たんぱく質 4.3 g/食塩相当量 0.5 g

0

STORY

緑黄色野菜を温かくして食べる方法を考え、誕生したレシピです。シチューとも違って副菜で食べるので、高齢者の方々にも大変人気でした。

材料(2人分)

  • ブロッコリー60g
  • 南瓜80g
  • 人参40g
  • 牛乳100cc
  • コンソメ顆粒小さじ1/2
  • 小麦粉大さじ1

作り方

  1. ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。
  2. 人参は皮をむき、乱切りで食べやすい大きさに切る。
  3. 南瓜はワタと種を取り除き、角切りで食べやすい大きさに切る。
  4. 鍋に水(分量外)を入れて沸騰させたらブロッコリーを入れて5分ボイルする。
  5. 別の鍋に水(分量外)を入れて、人参を入れて火を付け、沸騰したら中火にして10分ボイルする。
  6. 南瓜は耐熱皿に入れてふんわりラップをかけ500wのレンジで4分かける。
  7. 鍋に牛乳とコンソメ顆粒を入れ、ふるった小麦粉を加えて混ぜ合わせる。
  8. コンソメと小麦粉が溶けたら弱火で火にかけ、とろみがつくまでゴムベラでかき混ぜる。
  9. 器にブロッコリー、人参、南瓜をのせ、その上から⑧をかけて完成。

管理栄養士からのコメント

緑黄色野菜にはビタミンCとビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンCは、抗酸化力が強く免疫力をアップさせる働きがあるので、口内炎等の炎症を回復させる効果が期待できます。また、牛乳にはビタミンB2が豊富に含まれていますので、口内炎対策には積極的に摂りたい食品のひとつです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.