がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ洋風水餃子のシチュー

管理栄養士監修レシピ掲載

洋風水餃子のシチュー

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 15分

エネルギー 335kcal/たんぱく質 22.8g/食塩相当量 0.6g

STORY

餃子の皮が軟らかくツルンとした食感で、高齢者にも人気のメニューです。中の具材を変えると色々な水餃子を楽しめます。

材料(2人分)

  • 餃子の皮6枚
  • 南瓜50g
  • クリームチーズ小さじ2
  • 薄力粉大さじ2
  • 牛乳300cc
  • コンソメ顆粒小さじ1
  • ブロッコリー20g

作り方

  1. 鍋にお湯(分量外)を沸騰させて、ブロッコリーを茹で、流水をかけて水を切る。
  2. 南瓜は皮を切り落として1㎝角に切り、耐熱皿に入れラップをかけ電子レンジ(500w)で1分半加熱する。
  3. ②は熱いうちに潰して、クリームチーズを加えたら混ぜる。
  4. 餃子の皮に③を入れて包む。
  5. 鍋にお湯(分量外)を沸騰させたら、④を茹でる。浮いてきてから2分中火で茹で火を止めて、そのままにしておく。
  6. 別の鍋に、ふるった薄力粉、牛乳、コンソメ顆粒を入れる。ダマができないように混ぜ合わせてから、中火でとろみがつくまで混ぜる。
  7. 器に水気を切った⑤を器に盛り、⑥と①のブロッコリーをトッピングし、完成。

管理栄養士からのコメント

口内炎で辛い方には柔らかく、まろやかな食事がオススメです。クリームチーズや牛乳にはビタミンB2が含まれているので口内の粘膜の再生等が期待されます。ブロッコリーは少し長めに茹でると、柔らかくなり食べやすくなります。

LINEで送る
友だち追加

"洋風水餃子のシチュー"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.